フライヤー

チラシ・フライヤーの製作

チラシ・フライヤー印刷は、専門の業者さんを通じてネット上でも手軽に行うことができます。用紙のサイズや種類を指定して、入稿データを送付するだけで、オリジナルのチラシ・フライヤーができあがります。広告類を配布する必要がある場合には、活用してみましょう。
印刷

料金や申し込みの仕方

本格的なフライヤーを完成させたいのならば専門の業者を利用しましょう。個人でも手軽に申し込みが行えます。枚数が多くなればそれだけ業者でフライヤー印刷を行った方がコスト削減にもつながり、自分の作業の手間も省けます。
インク

業者選びの基準

店舗型の印刷業者やネット型の印刷業者など印刷の形も多様化してきました。フライヤー印刷を行うときは印刷の知識があるかないかで選ぶべき業者も変わってきます。個人でも簡単な手続きで印刷が行えるようになりました。
チラシ

配りやすさが特徴のチラシ

フライヤーはA5〜A6サイズを中心とする小さなチラシで、製作や配布が手軽にできるという特徴があります。専門業者にフライヤー印刷を依頼する時は、大部数向きのオフセット印刷か、少ない部数向きのオンデマンド印刷のいずれかを選択するのが一般的です。
プリンター

自社の宣伝のために

フライヤー印刷を業者に依頼するには、事前準備を行いましょう。対象者を限定すれば、配布方法も決まってきます。予算内でフライヤー印刷を行ってくれる業者を探すなら、インターネットが便利です。予算についてメールや電話で交渉するのも可能なはずです。デザイナーがデザインしてくれる業者なら、理想的な物が作れます。

人気のオンデマンド印刷

RGBB

年々価格が低下しています

最近では格安でフライヤー印刷をしてくれる印刷会社が増えていることもあって、業者にフライヤー印刷を依頼するのが人気になっています。また、印刷会社が増えていることで互いに競争が働いていることから価格が更に落ちていることだけでなく、品質に関しても競争から向上していて、扱えるメニューも増加しています。最近のフライヤー印刷で特に利用者が急増しているのがオンデマンド印刷といわれる原版を作らずにデータをそのままレーザープリンターで印刷する方式です。原版を作らないので、1000部に満たないような小部数のフライヤー印刷でも安価で印刷することができます。オンデマンド印刷は大型の印刷機を自前で用意しなくてもよく、高性能なレーザープリンターを用意しておけば受注を受けることができます。大型の印刷機とレーザープリンターでは設備投資にかかる費用が全く変わりますし、印刷機は大きいので設置する場所も工場を構えなければいけません。さらにレーザープリンターはリースのこともあり、そのリースも複数の印刷業者で共有して使うこともあるので参入のハードルがかなり低くなっています。そのため、オンデマンド印刷を扱う業者が増えていることもあって、印刷価格が下がっているため利用者も使いやすくなっています。印刷業者は価格を下げているだけでなく、これまではコート紙といった決まった用紙しかフライヤー印刷には使えなかったものを特殊紙が使えるようにしたりとメニューを増やしていることも人気を上げる要因になっています。